宮下大使の信任状奉呈

2019/11/20
 11月20日、宮下大使は、大統領宮殿において信任状をラフモン大統領に奉呈しました。宮下大使は、信任状奉呈の際のスピーチで「両国関係は、順調に発展しており、2代目の常駐大使として最善を尽くす所存」であると表明しました。また、ラフモン大統領も自身のスピーチの中で日本のこれまでの支援が「タジキスタンの発展に大きく貢献しており、これらを高く評価するとともに感謝する」と謝意を示されました。